Home > 留学準備

留学準備

テキサスに生活するときに覚えていて欲しいこと

「アメリカ留学はテキサスへ!」そう目標をたてて頑張っている皆さんは、実際のテキサスに暮らすということについても理解を深めてください。
南部のテキサスの気候は日本とは大きく違います。

雪がほとんど降らないということは想像できると思いますが、でも、冬はきちんとありますし、寒いときもあります。シーズン中、数回は雪も少し降ります。冬と実感する期間は短いのは事実で2か月も寒い期間があればあとは気温は上がってきます。一番寒い時期は1月、2月でしょう。

もう一つ覚えておいていただきたいのが、クレイジーなほどに、寒暖の差が激しいこと。昨日まで夏のような暖かさであったかと思うと、翌日はいきなり何十度も気温がさがったりもします。1週間のうちに夏と冬が混在、もっと言えば一日のうちでも最低気温マイナルからから20度以上まであがったりもします。

この気温の変化は「冬」の時期に起こることが多く、例えば明日は日中の最高気温は23度まで上がると予想されていますが翌日には最高気温は0度。夏から一気に冬に大変化するのがテキサスなのです。

テキサスに住んでいる私は、日本のように季節ごとに洋服をしまったり、だしたり、することはありません。想像に難くなく一日の中でも気温が上下するので、夏服、秋服、冬服がすべてクローゼットに出しっぱなしです。
もっとも1年の大半が夏服。4月ごろから9月までは夏といっても過言ではありません。でも室内は冷房が効いている場所が多いので長袖のはおれるジャケットなどは常備します。逆に冬は寒くとも暖房がガンガン入るので、建物ではTシャツだけ、ということもアメリカではよくある風景です。

冬が長く、雪かきで悩まされた、日本の実家、アメリカのボストンやシカゴを経験した私にとっては、テキサスはそれでも楽な場所ではあるなと思います。夏の暑さは尋常ではないと日本からいらした方はおっしゃいますが、湿気があって日本のようにじめじめしているわけではないので、また違った暑さの質だと感じます。

テキサスで暮らすということは、暑さと寒さのギャップを覚悟すること。夏服と同時に重ね着できる洋服と、冬コートはもっていること。

留学やテキサス滞在が決まっている皆さんでも、現地サポート(カスタマイズも可能)でお手伝いできることもありますので、お気軽にテキサス留学コネクションにご相談ください。

問い合わせフォーム

ダラスの気温の変化を示す天気予報

ダラスの気温の変化を示す天気予報

渡米の準備はできましたか?予防接種は?

この秋学期から語学や正規留学で渡米することが決まっている皆さん、おめでとうございます。

テキサスエリアの大学に入学される場合には、新学期はあと2週間ぐらい。

まさに今は、荷物のパッキングで必死でしょうか。

さて、アメリカの学校に入学する場合には、予防接種を受ける、抗体検査の記録を用紙に記入して提出するケースがほとんどです。

テキサスをはじめとして、多くの州が規定する、細菌性髄膜炎の予防接種、お済でしょうか?

英語ではBacterial Meningitisといいます。

テキサス州では2011年に法改正により、新しく学校に入学するすべての学童期の子供は、この細菌性髄膜炎の接種が義務ずけられました。

これにより大学や、大学内にセンターを持つ語学学校でも、細菌性髄膜炎の予防接種の記録提出を義務付けています。

特に寮に住む場合には、入寮日10日前までに接種を済ませていることなどという規定もあります。

18歳以上で、寮に住まないという学生に関しては、WAIVER(免除)申請をすることも可能ですが、この場合にはテキサス州のヘルスデパートメントに免除申請用紙の請求をしたうえで、それが届いたあとにまず州に免除申請をして、その認可された用紙を学校に提出するという、時間のかかるプロセスを踏む必要があります。

この時間を考えれば、一本予防接種を打つ対策にするほうが早いといえます。

日本ではこの細菌性髄膜炎の予防接種は、必須の接種リストには含まれていないことから、母子手帳の記録には入っていない方がほとんどでしょう。

最近は新生児の予防接種として任意に行う病院もでてきましたが、それでもまだ日本では一般的ではないために、高い料金になる場合が多いです。

どうしたらよいか?と途方に暮れる前に、まず留学生オフィスに相談してみましょう。

留学生の事情は考慮してくれるはずです。

その上で、渡米してから学校のヘルスセンターで接種する。あるいは、最寄りの保健所 (Department of Health)で接種をしましょう。

テキサス州の場合には、学童期の子供は必ず受けるものですから、必ず保健所では対応してくれます。

あるいは、ドラッグストアに簡易の診療所がある場合もあって、ここでも簡単に受けられる場合もあります。

一見難しく見えることも、問い合わせをすれば対応策も見えてきます。

 

そういえばまだ予防接種フォームを埋めていなかったという方、まずは学校に問い合わせをしてみましょう。

 

Home > 留学準備

メタ情報

Return to page top